FC2ブログ
つれづれにつづらせてください
2020年1月に南座で公演予定している、『人間万事金世中』の台本を懸命に作成中。

一度国立劇場公演で公演したものだが、前回の反省も含めて、今回キャストの人数などの変更もあり、

改めなくてはなならい。

改めて、見直してみると、真面目に黙阿弥に忠実に言葉や単語を使おうとしているなぁと感じてしまう。

ただ、それゆえに、今の感覚だと、とらえにくくなってる部分がチラホラ見受けられるので、

上演した時のお客さんの反応を思い出しながら、変更を加えて行く。

でもそうすると結局、黙阿弥の言葉は、今の言葉と比べるともう古語のようなもので、

翻訳しないと、多くの人に通じないのではないか?と思えてきざるをえない。

ここら辺の匙加減、どこに基準をおいてゆくのか?大変難しいところです。



現状を打破するためには、
当たり前のことをやっていたのでは、当たり前の結果しか出ないので、

非常識を常識にしてゆくこと。

周りの評価や、価値観に制限されずに、
自分の求めるものを得るためには、何をすべきか?
もっと、しっかり考えたい。

頑張ってる人はほんと頑張ってるわけで、
それなのに、
自分ばかりが不幸だと嘆いてしまっていては、人として情けない。
やはり、どこかに甘えが、あるんだろうなぁ~自分の中に。

周りがどうこうと、不平を言う前に、自分自身をどうにかして、状況をひっくり返してみせなきゃ。

これから、どういう行動をしてゆくべきであろうか?
ちりも積もれば山となる。
考え方が変われば、いつかそれが大きな変化となって結果となるはずさ。

どんな苦境に立たされても、やけにならずに、対することができる強い心が欲しい。

非常識を常識に。
今だに咳がとまらん、咽喉が痛い。
かれこれ、1か月以上が過ぎているというのに、
おかしい。
と、思う。

ちょっと油断するとすぐ一日が終わってしまう。

今日一日一体なにをしていたのだろう?

と、思う時がある。

もっともっと、先を見つめて、やるべきことを順序だてて、一つ一つこなしてゆくようにしよう。

なんとなく雰囲気で過ごしていると、物事に引っ掛かりがなく、全く進行がないまま、時間ばかりが経つということが

よくある。

泡のように何も残らず消えてなくなるような、物事の進め方はやめよう。

やった傷跡のこすのだ。

という意識で一日一日すごそっと。

今日は雨だなぁ~

急に寒くなりだしたなぁ~

梅雨か・・・・

最近の天気は気まぐれで、よくわからん。

明日は晴れるのでしょうか?

働き方改革って、実現可能なのだろうか?

今までの生産性を失わずに、労働時間を減らすことが出来たら、確かにパラダイス。

それができない企業は滅んでゆくだけなのかもね。

ん~社会は厳しいというか、理不尽というか、弱肉強食というか、

人任せにせず、知恵を絞っていかなきゃなりません。
今日は、知人の合唱団の定期演奏会を拝見しました。

開演前に2階席に座っていたら、見知らぬおばさんが客席通路の階段に足を踏み外して、転げ落ちてきた。

自分は通路の脇に座っていたので、とっさにおばさんの体を押さえましたが、
もしもっと離れたところに座ってたら、あのまま落ち続け、怪我でもしてそうな勢いでした。

何事もなくてよかったです。

きれいで、設備も整ってるホールではありますが、
音楽ホールだけあって、タッパが高く、それゆえ客席の勾配が急になってて、たしかに足場がよくないなぁとは思いました。

演奏会は、出演者の皆さんの一生懸命な姿と、数々の音楽の中で、皆さんの人生を勝手に想像したり、
はたまた、自分のこれまでの、演劇との関わりの記憶などがとめどなく浮かんだりしました。

そんな事柄を想起できるくらい心の余裕がある自分は、久しぶりだなぁと感心しました。