日常で湧きでた憂さを晴らすために、ひっそりと綴ります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日より、5月国立劇場公演「お染の七役」の稽古が始まった。

出演者だけでも、三十人以上いるので、稽古場が満杯状態。

途中で、酸欠になります。

今回は、台本を見直し、七役早替わりだけでなく、ストーリー性や、キャラクターや

お互いの関係性をより深く掘り下げ、膨らましている。

それによって、

初めてこのお芝居を観る人でも、内容の理解に苦しむことなく、

楽しんでいただけるものになっていると思う。

というか、そうなれるように、これから具体化してゆかなければならない。


「歌舞伎の内容がわからないのは、観る人の知識がたりないから」

ということで、すべてを片付けてしまうのは、好きではない。


もちろん、そういう演目もあっていいと思う。


でも、基本的に、特に現代は、お芝居は娯楽なので、

そうなるためには、観る人を置いて行ってしまっては

まずいでしょう。

という考え方だってあるべきだ。


お客さんの感情を動かすためにも、まずは、ストーリーを充実させて、

この世界に引き込まれてもらわないといけない

と思う。


現在に息づいていない、標本のような演劇にならないように、創ってゆけたら、なぁ。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。