日常で湧きでた憂さを晴らすために、ひっそりと綴ります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~、2015年8月4、5日 三越劇場で公演する「くず~い屑屋でござい」に附くことになったんで、

稽古に出てます。

しかし、

私、今の時間の取れる時期に、

2016年5月国立劇場で公演する「東海道四谷怪談」の台本をまとめなければいけません!

なので、

現在、一生懸命、四谷怪談に関係する、ビデオみたり、舞台みたり、本読んだり、しておりますが、

それよりなによりも、原本を読んでいます。

が、

原本めっちゃ長いや~~~~ん。

ということで、

けっこう苦戦しています。

言葉も難しく、単語の意味とかも、しっかり理解しながら、読まなきゃ、意味がないので、

もう、腹くくって、一つ一つ読解中です。

速読なんて、考えられません。

ストーリーを理解するために、さっと読むのと違うので、

新潮日本古典集成の四谷怪談を隅から隅まで読んでます。

でも、

それはそれで、昔と今との文化の違いや、言葉の違いなどが知れて楽しい面のあるのですが、

「おしげりに」って言ったって、今の人にはなんのことだかわかんね~し、

私だってわからんわ!!

そういう言葉を今の舞台にバンバン出して、観る人が理解できるわけないじゃん。

でも、そういう言葉を今風に「いちゃいちゃして」とか変えてたら、その劇の世界感が感じられね~し、

などと、一人葛藤しながら、読み進めています。


小学生のころお岩さんっていうと、おっかないイメージがあって、触れたくなかった記憶があるけど、

それどころじゃありません。

ただ、この話って、幽霊話って印象が強かったけど、改めて、原本をよ~く読んでみると、

人と人との関係性によって、なされた事件であって、

人間のドラマという要素が強い作品だなぁ

という印象を受けました。

その中で、ケレン味をもたして、お芝居に、ドキドキ感をプラスさせた作品なんだと、

私は思います。

だから、あんま、怪談、怪談ってこだわりすぎると、単なるお化け屋敷になるので、

もっと、人間の様相を描いた深い作品にできたらいいなと思います。

それに、現時点の私は、

怖いとか感じてる場合じゃなく、この作品、お客さんがストーリ-が分かって、しかも、面白さを持たせて、休憩込で、4時間

でまとめるってどうしよう~と

毎日毎日、頭の中が四谷怪談でいっぱいです。

四谷怪談

四谷怪談

よつやかいだん

ヨツヤカイダン

・・・・・・・・

あ~、こっちが、お岩さんに憑りつきそう~~~。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。