考えすぎてみた。

ここでは、「考えすぎてみた。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
納涼会が終わり、少し、ホッとしたのも、つかの間、

四谷怪談について、考えさせられております。

とりあえず、原本は読み、その注釈も読み、

この作品の、大本のエッセンスに、触れた。

が、

この作品の面白さは、何だろう?

この作品を上演する、メリットは、何だろう?

自分は、この作品のどこが、面白いと思っているのだろう?

など、思い悩んでみた。


ん~、原本読んだ上で、思うんだけど、歌舞伎で現在やられてる四谷怪談って、

場がカットされてて、はっきり言って、内容が、満たされてなくて、ドラマ的には、

消化不良で終わっちゃうんだよな~。

にもかかわらず、

幽霊が出たり、舞台装置が面白かったり、など、表面的な面白さに、観る人はテンション上がって、

最後、伊右衛門が成敗されて、ああ~、一件落着!

って、納得して、帰ってゆく感じ。

また、

映画で、よくやってるけど、あれらは、アレンジが多くって、鶴屋南北さんが書いた四谷怪談をモチーフに、

別の作品作ってるって、感じ。

それは、そういうコンセプトでやってるから、それでいいと思います。

ただ、そういうことです。


自分がこれから、創ろうとしてるのは、鶴屋南北さんの四谷怪談としての良さをできるだけ引き出して、

歌舞伎で、

なおかつ、現代の感覚に馴染んだ形で、できたらいいんでないか?

と思う。

小汐田 又之丞隠れ家の場とか、上演されないけど、ドラマを深めるという観点から見たら、

すんごく面白い場であることが、読んでみてわかった。

三角屋敷の場も、深く掘り下げてみると、お互いの関係性が2重にも3重にも重なってて、

そこから、表面に行動として表れているって、状況が続いていて、

すんごく、味わいがいのある場なんだ~

って、思った。

お岩さんがこわ~いとか、

伊右衛門さんが冷酷!

宅悦さん個性的!

直助さんお茶目~

仕掛けがおもしろ~い

ってところで、終わらないやり用って、ないのかな?



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。