国立劇場東海道四谷怪談しゅうりょ~

ここでは、「国立劇場東海道四谷怪談しゅうりょ~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え~、やっと、四谷怪談終わりました。

と思った瞬間、今、飯塚におります。

明日は「龍の子太郎」の仕込みです。

なんてことだ!

でも、移動中に寝られたので、嬉しい。

それはともかく、

四谷怪談はすべてにおいてヘビーだった。

芝居中も何が起こるか、わかんない率が高いので、毎日ドキドキでした。

自分が台本書いたってことなんて、どーでもよくなって、ぶっ飛んでしまうくらい、

舞台監督として、あくせくしまくって、突っ走って、あっという間に駆け抜けた公演でした。

こうゆう新規の演目は、スタッフさんたちも慣れてないため、

打ち合わせの中で、抜けてることがあって、

仕込み当日になって、あれがない!これがない!といろいろでてきて、

舞台監督が泣きそうになるんんだけど、

そういう点では、こぼれていたものはなかったことは、すごいと思う。

けど、

それ以外の、仕掛けやキッカケやテクニカルな面での、混乱はめちゃくちゃあったので、

きれいごとでは済まなかったってことはあったにはありましたが、

まあ、そんなことも今では過去の懐かしい思い出さっ。

思えば、去年の10月の下旬に「如月の華」の巡演が終わったところで、

10月いっぱいで第一稿を書け!

と指令を受け、

必死になって、5日間家に閉じこもり、書き続け、

その間、「龍の子太郎」の稽古スケジュールを出せ!というリクエストも無視して、

何とか仕上げ、台本はそのまま放置して11月、12月龍の子太郎の巡演へ。

その後、四谷怪談創造委員会から、台本に対する意見がいっぱい送られてきたので、

「切られお富」の稽古が本格的になる前に、第二稿をまとめ上げ、またまた、放置して

1月、2月切られお富の巡演へ旅立つ。

3月19日、20日に、四谷怪談の稽古が先だってあることになり、

その前に台本印刷しなくてはならず、一人孤独に校正して、

幸い、印刷会社が24時間営業だったので、夜中にリアルタイムでメールでやりとりしながら、

何とか完成させ、また、印刷会社さんが速攻で1日で製本してくれたので、

稽古までには間に合いました。

こうやって振り返ってみると、

全然落ち着いてやれてませんでしたが、よ~やったと思います。

今はアマゾンとかあるから、欲しい本とかあったら、すぐ手に入れることができるので、

そういう意味で、調べものする時間は短縮できていたとは思います。



そういえば、
台本書いてるときは不思議とお腹がすかなかったので、ほとんど飯食ってなかったの思い出した。
ああいうものなんかなぁ~。

まあ、今回は勉強になった。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。